2016年02月29日

無事卒業

 本日無事、次男高校卒業 





IMG_0723.JPG







 よかったよかった 
posted by GWF−瑞月 at 20:29| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

チケット到着

 BEGIN 25周年記念コンサートツアー 2015−2016 

3月6日に、行われる大阪公演・オリックス劇場での、チケット到着 

今回も良い席で、前から「6列目」を、ゲット 






IMG_0722.JPG







約13年振りの「オリックス劇場」と言えば ・・・



(大阪厚生年金会館の方が、馴染みはあるが ・・・)





古くは高校時代、さだまさしや小泉今日子、

体育祭をサボって行った、海援隊の解散コンサートツアー 





13年前、自身の曲を2〜3曲しか知らなかったのに、長男と初めて行った

「BEGIN一五一会コンサート」



(これでハマってしまい、その場でファンクラブに入会し、

            一五一会も購入し、現在に至る 






どれも思い入れ深い思い出の場所「オリックス劇場」 







さて、今回もどんなコンサートになるやら ・・・




(どうせコンサート前から、はるさんと飲んだくれてるんやけど ・・・)






 今からメチャメチャ楽しみさぁ〜 

posted by GWF−瑞月 at 09:50| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

いーどぅし

「YouTube」で話題の「海の声」のカバァーで話題の、

沖縄県立芸術大学生ユニット「いーどぅし」




1月31日発売の、ファーストアルバム「いーどぅし」が、

はるばる、沖縄・高良レコード店からやってきた 





IMG_0719.JPG








 久しぶりに大型新人ユニットが沖縄からデビューさぁ〜 
posted by GWF−瑞月 at 14:26| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

焼肉

就活の説明会のため、帰って来た長男が「肉食べたい」 との、

リクエストにお答えして、ワンカルビ 保城店へ行って来た 





IMG_0718.JPG






「食べ放題」なので、約1時間ノンストップで、食べ続けた 






 やっぱり焼肉はメチャメチャ美味しいさぁ〜 
posted by GWF−瑞月 at 20:29| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食&酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

手作り鞘

先日、調理道具を借りようと、1Fのお袋の台所に 




引き出しをあけると、憶えの無い「瑞月シール」を貼った「中華包丁」が ・・・




「大阪で使うからと、あんたが持って帰って来た、包丁やで」と、お袋 




出て来たのは、あのドイツ製「ゾーリンゲン社のステンレス中華包丁」




そう言われてみたら、20年近く前に購入したのかなぁ〜 ???







さっそく、仕事場へ持ち込み、砥石で研いでみて使ってみると、

大きさ・使い勝手も大変良いので、仕事用に採用決定 





今日、ホームセンターで材料を買いこみ「鞘」作り 





IMG_0714.JPG





大きさに切って、ボンドで貼って、サンダーで仕上げて、出来上がり 




IMG_0715.JPG







 またまたステンレス包丁のコレクションが増えたさぁ〜 
posted by GWF−瑞月 at 14:41| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

チョコ

 姪っこの愛ちゃんからのバレンタイン・チョコレート 





IMG_0711.JPG







 来月のお返しが怖いさぁ〜 
posted by GWF−瑞月 at 20:15| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

祝い事

「仏滅」の、今日 ・・・ 





大阪の親友のはるちゃんの長男せーじが、結婚することとなり、

「仏滅」の今日(今日しか日程が合わなかったので)






約5年ぶりに、はるちゃんに買ってもらった、

あの教科書にも載っている「仁徳天皇陵」から、徒歩5分にある、

堺の「旧・我が家」へ、結婚祝いを持って行って来た 







IMG_0710.JPG







家族全員で迎えてくれて、(せーじの嫁さんはお仕事)

お昼もよばれて、久しぶりに楽しい時間を過ごせた 





大手「79」を、2年で退職し、実家の家業(仏表具屋)を、継ぐ決心をし

結婚と共に、新しい道を歩むこととなった「せーじ」




友人の中で、一番結婚が早かったはるちゃん、

仲間の中で一番に生まれてきた せーじ 


みんなに、可愛がられてたし、私の 小・中・高 の 直の後輩のせーじ 









 幸せになって下さい 3月の結婚式楽しみにしているさぁ〜 



posted by GWF−瑞月 at 20:07| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

サクラサク

 サクラサク 








 次男 大学 合格 






 4月から岡山でガンバレ〜 
posted by GWF−瑞月 at 20:38| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

2.2mm

「新しい物好き」の我が家の人々 


「新しい物好き」な、嫁はんが買って来た「ナポリタンによく合うスパゲッティ」





IMG_0639.JPG







通常のスパゲッティは「1.7mm」ぐらいだが、これは「2.2mm」の太さ。

茹で時間も「9分」ぐらいだが、これは「15分」


茹でてから炒めても、歯ごたえと食べごたえは「十二分」





ホットプレート「山盛り」の「焼きナポリタン」を作った 





IMG_0663.JPG







 やっぱり焼きナポリタンはメチャメチャ美味しいさぁ〜 



posted by GWF−瑞月 at 17:04| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食&酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

華やぎの時間

 エビスwithジョエル・ロブション 華やぎの時間 限定醸造 





IMG_0696.JPG






あのフレンチの巨匠ジョエル・ロブションとエビスビールのコラボ商品 



とても香りの良いビールなので、どんな料理にも合う〜 









 やっぱりエビスビールはメチャメチャ美味しいさぁ〜 
posted by GWF−瑞月 at 20:30| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食&酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

本日発売

 大相撲名力士風雲録 第2号 



 スピードとパワーで君臨した昭和最後の大横綱 



 通算1045勝 偉大なるウルフの軌跡 





 第五十八代横綱 千代の富士 貢 






IMG_0707.JPG






土俵入り・立ち振る舞い、そして取組も、現在の横綱達は

大いに見習うべきであると、思う 





 やっぱり千代の富士が一番最高さぁ〜 
posted by GWF−瑞月 at 18:01| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古武道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

ウインドブレーカー

十数年前、神戸・三ノ宮に、その専門ショップは存在した 





よく立ち寄り、いろんなものを購入したが、

この商品も色合いが大好きな、「黒X黄色」だったので迷ったが、

「一万円前後」だったので、あきらめた記憶がある 






十数年の時を超え、毎度おなじみの「ヤフオク」で、

新品のこれを見つけ、「千数百円」で「入札」




誰と競うことも無く、すんなり「落札」






 イノキボンバイエ ウインドブレーカー 






IMG_0662.JPG








「強い願いは、必ず叶う」のかね〜 

posted by GWF−瑞月 at 20:35| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

八紘一宇

 八紘一宇  島田裕己 著 




IMG_0468.JPG





大東亜共栄圏建設の理念として用いられた言葉「八紘一宇」

その意味は、要約すると ・・・

「天皇を中心に全世界を一軒の家のような状態にする」と解釈したもの。




ずいぶん「戦前の日本」は、傲慢であったかのように聞こえるが、

「米・英」中心であった、この時代の「人種差別」に対する「当てつけ」であったことは、

おそらく、間違いではなかったと思う 



この著書で、驚いたひとつが「戦前」は、宮沢賢治・石原莞爾・北一輝などに

見られるよう、「法華経信者」が現在より、多かったことである。





ともあれ、現在の「政治家さん達」のように「一般の常識」にとらわれ過ぎて、

世間に、足を引っ張られ「国益」を「二の次」にしてしまうような事になっている。



「戦前の先人方」は、多少豪快な方々が多かったように思われるが、

命をかけて「国益」を、考えておられたと本当に思う。
posted by GWF−瑞月 at 17:04| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大和魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする